【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は17日、議会下院の金融委員会で、新型コロナウイルスで打撃を受けた家計や企業を救済するための経済対策を巡り「議会があまりにも早く支援を打ち切れば、懸念することになる」と述べ、財政出動の継続を訴えた。マイナス金利導入には改めて否定的な考えを示した。

 パウエル氏は「失業者や中小企業への支援を続けるのが適切だ」とした上で「経済は回復し始めたばかりで、今が肝心な時だ」と強調した。

 米国では、予算関連法案は議会が立案、審議し、大統領が署名して成立する。