将棋の第31期女流王位戦5番勝負の第3局は17日、大阪市の関西将棋会館で指され、先手の里見香奈女流王位(28)が143手で加藤桃子女流三段(25)を破り、3連勝で通算6期目の女流王位を獲得、清麗、女流名人、倉敷藤花と合わせ女流四冠を堅持した。

 里見女流王位は対局後、「最後まで分からなかった。(今シリーズは3連勝だが)戦型も違って一局一局が激しい戦いだった」と話した。

 里見女流王位は女流タイトル獲得が通算40期となり、清水市代女流七段(51)が持つ最多43期まであと3期に迫った。