【香港共同】中国全国人民代表大会(全人代)常務委員会の唯一の香港選出委員、譚耀宗氏が17日までに共同通信のインタビューに応じた。香港での反政府的な活動を取り締まる国家安全法制が施行されると、中国政府の治安機関要員が香港で容疑者を摘発し、中国本土に送って裁判にかける可能性があることを示唆した。

 譚氏は、同法制の立法作業に関わっている。今後制定される同法制の関連法にこうした権限が明記されれば、香港市民の不安を一層かき立てることになりそうだ。香港在住の外国人もスパイとして摘発される可能性が出てくる。