通常国会は17日、閉幕した。野党は政府の新型コロナ感染症対策を監視するためにも会期の大幅延長を要求したが、与党は拒否。持続化給付金を巡る不透明な事務委託など疑惑解明に向けた議論は消化不良に終わった。与野党は、衆参両院の閉会中審査をそれぞれ週1回ペースで開催する方針では合意した。安倍首相は感染第2波の阻止へ全力を挙げ、政権運営の求心力回復を狙う。

 首相は官邸で「閉会中でも求められれば政府として説明責任を果たしていく」と述べた。18日に記者会見を開く。立憲民主党の枝野代表は党両院議員総会で「国会を閉じるのは大変不本意であり、逃げるなと言いたい」と訴えた。