プロ野球の臨時実行委員会が17日、オンラインで開かれ、新型コロナウイルスの感染拡大によるシーズン短縮や感染防止策に関連する今季の特例措置や、19日に開幕するセ、パ両リーグ公式戦の運営に当たっての感染予防ガイドラインを承認した。

 選手の負担軽減のために延長戦は十回で打ち切り、出場選手登録は29人から31人、ベンチ入りは25人から26人に拡大する。外国人選手の出場選手登録枠も4人から5人に増えるが、ベンチ入りできるのは4人のまま。

 ガイドラインは球場での感染予防策や、感染者が復帰するための条件などをまとめ、日本野球機の公式サイトで公開した