大阪府の吉村洋文知事は17日、大阪大発ベンチャー「アンジェス」が開発中の新型コロナウイルスのワクチンを人に投与する臨床試験(治験)が30日から始まると明らかにした。まず大阪市立大病院の医療従事者20~30人を対象に実施し、10月には治験の対象を拡大。国の認可を得た上で、来年の実用化を目指す。

 吉村氏は「人への投与は全国初になると思う。大阪で第一歩を踏み出す」と記者団に語った。府と大阪市は4月、開発促進のため府内の大学や病院の運営法人と連携協定を締結。これまでに動物実験で安全性にめどがついたとした。