気象庁は17日、梅雨前線と低気圧の影響で、九州北部や中国では18日から19日にかけて、大気の状態が不安定になり、大雨の恐れがあるとして、注意を呼び掛けた。土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫に備えを求めている。局地的に雷を伴う非常に激しい雨となる可能性もある。

 気象庁によると、西日本には19日にかけて梅雨前線が停滞、19日午前中には、前線上の低気圧が西日本を通過する。暖かく湿った空気が前線や低気圧に入り、前線の活動が活発になる。

 18日午後6時まで24時間の予想雨量はいずれも多い所で九州北部180ミリ、中国60ミリ。