次期衆院選に向けて約730人が立候補を準備していることが通常国会閉会の17日、共同通信社の調べで分かった。うち女性は約110人。衆院議員任期は残り約1年4カ月(来年10月21日満了)で、安倍晋三首相は新型コロナウイルスの感染状況などを見極めながら衆院解散の時期を探る。2017、14年の衆院選にはいずれも1200人近くが出馬。与野党の準備はまだ本格化しておらず、さらなる擁立など徐々に臨戦態勢に入る。

 定数は465。歴代最長政権の総括やコロナ対応、憲法改正などが争点となりそうだ。