河井案里参院議員(46)=広島選挙区=が初当選した昨年7月の参院選を巡り、票の取りまとめなどを依頼する目的で、地元の広島県議らに現金を配ったとして、検察当局は17日、公選法違反(買収)の疑いで、夫で前法相の河井克行衆院議員(57)=広島3区=と案里氏を18日に逮捕する方針を固めた。

 案里氏陣営の公選法違反事件は、現職国会議員夫妻が刑事責任を追及される異例の事態に発展する見通しとなり、安倍政権への打撃は必至だ。

 夫妻が自民党に提出していた離党届は17日、受理された。夫妻はこれまでの任意聴取で買収行為を否定。党側に議員辞職しない意向を伝えている。