新型コロナウイルス感染拡大で公演中止が相次いだカナダのサーカス劇団「シルク・ドゥ・ソレイユ」。メキシコで公演に出ている日本人アーティスト川南光さん(32)は一時帰国し、北海道壮瞥町の実家でトレーニングしながら再開に備える。「エンターテインメント業界は打撃を受けたが、再び世界の人を驚かせたい」とステージに戻る日を心待ちにしている。

 川南さんは2本のロープを回し、その中で跳んだりダンスをしたりする「ダブルダッチ」でメキシコ東部プラヤデルカルメンのステージで観客を魅了してきた。「歓声や拍手を受ける醍醐味は、非日常的なものを味わえる」と話す。