青森銀行(青森市)の有志職員と青森県高野連は17日、今夏の全国高校野球選手権大会が中止となり、代替大会に臨む県内の高校3年生球児のために、会場の一つ、青森市営球場に甲子園球場(兵庫県西宮市)と同じ土を整備するためのクラウドファンディング(CF)を始めた。7月14日の開幕までに、集まった資金に応じた量の土を用意する計画だ。

 企画した青森銀行野球部の小比類巻英史監督によると、7月10日まで募集し目標金額は300万円。甲子園球場の整備を担当する阪神園芸からの土購入代金や運搬費、整備費に充てる。内野一面に相当する計30~40トンを球場に入れられる。