DeNAのドラフト2位ルーキー坂本は17日、開幕ローテーション入りが決まり「目標が一つクリアできたのは良かった。ただ、結果を残さないと。さらに気を引き締めて練習からやっていきたい」と言葉に力を込めた。

 前日16日に監督室に呼ばれ、ラミレス監督から「おめでとう」と先発ローテーションに入ったことを告げられた。立命大時代は100球以下の登板はなかったそうで「長いイニングを投げることに苦手意識はない」とフル回転の働きを誓った。

 チームは近年、今永や浜口ら大学出の新人投手の活躍が目立つ。木塚投手コーチは「彼なりのストーリーと数字を残せばいい」と期待した。