【ロサンゼルス共同】米大リーグの今季開催時期について、米政権の新型コロナウイルス対策チームのファウチ国立アレルギー感染症研究所長が「9月までにポストシーズンを締めくくるのが賢明」と、16日のロサンゼルス・タイムズ(電子版)のインタビューで見解を示した。秋に気温が下がり、室内で過ごす時間が増えることで、感染のリスクが上がるとしている。

 大リーグ機構(MLB)と選手会は今期開催について協議を続けてきたが、13日に選手会が交渉を打ち切った。50試合ほどでの強行開催の可能性が高まる中で、MLBのマンフレッド・コミッショナーは中止も示唆するなど混沌としている。