【ソウル共同】韓国大統領府の尹道漢・国民疎通首席秘書官は17日、北朝鮮の金与正・朝鮮労働党第1副部長が文在寅大統領の対話提案を「非常に無礼な語調で見下した」と反発し、「南北首脳間の信頼を根本的に損なうもので看過しない」と表明した。非公開の特使派遣提案を北朝鮮が一方的に公開したとして「前例のない非常識な行為だ」と批判、強い遺憾を表明した。

 一方韓国軍合同参謀本部は17日、北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部が前線部隊の増強方針を表明したことに「行動に移せば必ず対価を支払うことになる」と警告した。