第201通常国会は17日、会期末を迎えた。立憲民主党など野党は会期を12月28日まで大幅延長し、事実上の「通年国会」とするよう大島理森衆院議長に申し入れた。衆院議院運営委員会に諮られ、与党の反対多数で否決された。午後に法案の継続審議などの手続きを行い、国会は閉幕する。与野党は新型コロナウイルス対策を審議するため、当面週1回、衆院の関係委員会で閉会中審査を行う方針で合意した。野党は合意に伴い、安倍内閣不信任決議案の提出を見送った。

 関係者によると、閉会中審査は7月末まで水曜日ごとの開催とし、1回目は6月24日に衆院経済産業委員会を開く方向だ。