自民党の二階俊博幹事長は17日の北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部役員会で、政府による地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画停止に不快感を示した。「党に何の相談もなく、一方的に発表されたことは表現のしようがない」と述べた。

 同時に「地元や国民に納得のいく説明をすべきだと政府に強く申し入れる」と強調した。

 河野太郎防衛相は「合理的な投資とは言えず、私の判断としてプロセスを停止した。党に対する報告が遅くなり、大変申し訳なく思っている」と陳謝した。今後の方針に関しては、党とも相談して方向性を議論したいと応じた。