【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグで16日、ブレーメンの大迫勇也はホームのバイエルン・ミュンヘン戦にフル出場したが、前節に続くゴールはならなかった。チームは0―1で敗れた。

 エースFWレバンドフスキの決勝点で11連勝としたBミュンヘンは、勝ち点76として8連覇が確定した。通算30度目の優勝。3試合を残す2位ドルトムントは勝ち点66で、逆転される可能性がなくなった。パーダーボルンは最下位が確定し、2部降格が決まった。