【ニューヨーク共同】ソフトバンクグループ傘下の米ロボット開発会社ボストン・ダイナミクスは16日、四足歩行の犬型ロボット「スポット」のオンライン販売を米国で企業向けに始めたと発表した。優れたバランス感覚が特徴で、1体7万4500ドル(約800万円)。

 スポットは立っているときの高さは84センチ。1回の充電で平均90分間稼働する。階段を上ったり、起伏のある地形を歩いたりできる。これまでリース契約で利用できた。建設現場の進捗管理や、発電所の安全点検で活用されたという。

 ボストン・ダイナミクスは1992年に設立された。