【北京共同】北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部は17日、韓国と対峙する前線部隊の態勢を増強、経済協力事業が行われていた南西部の開城工業団地と南東部の金剛山観光地区に部隊を展開するとの行動計画を発表した。非武装地帯の監視所復活や、軍事境界線付近での軍事訓練実施も予告した。金正恩朝鮮労働党委員長の妹の金与正党第1副部長は韓国の文在寅大統領からの特使派遣提案を拒否。南北対話は断絶し、軍事的緊張が高まる恐れがある。

 北朝鮮は16日、韓国の脱北者団体による体制批判ビラとそれを黙認した韓国政府に対する報復措置として、開城の南北共同連絡事務所を爆破した。