広島の会沢翼捕手が16日、マツダスタジアムでの全体練習に参加し、19日からの開幕カード(横浜)でのDeNA打線との対戦に向けて「勢いに乗ると止まらなくなる。一人ずつという気持ちでいきたい」と意気込みを口にした。

 DeNAには、米大リーグ、レイズに移籍した筒香嘉智外野手に代わる大砲としてオースティン内野手が入団。「新しい外国人が入って、去年と変わらないいい打線だと思っている」と気を引き締めた。昨年まで3年連続でベストナインを獲得した正捕手は「スコアラーと相談して対策を練りたい」と頭脳を駆使し、投手陣をしっかりとリードしていく。