東京都江戸川区の都営新宿線船堀駅前の公衆トイレに新型コロナウイルス対策で設置された洗浄用の液体せっけんが、刺激性の液体にすり替えられていたことが16日、区への取材で分かった。液体は強い酸性とみられ、警視庁葛西署が業務妨害容疑などを視野に捜査し、成分やすり替えの経緯を調べている。

 区によると、液体せっけんはポンプ式のボトル入りで、16日午前8時40分ごろに利用者の男性から「使用したら手がピリピリした」と電話で相談があった。現場を確認した区の職員が、元々設置されていたボトルとは違うボトルに入れ替わっているのに気付き、葛西署に相談した。