北日本や東日本で17日の明け方にかけて大気の状態が非常に不安定になるとして、気象庁は16日、竜巻などの激しい突風や雷、ひょうや局地的な非常に激しい雨に注意を呼び掛けた。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、建物内に避難するなど安全確保が必要だ。

 気象庁によると、北日本や東日本の上空5500メートル付近に、氷点下12度以下の寒気が流れ込み、日中の気温上昇と相まって大気の状態が非常に不安定になっている。

 16日の日中は西日本から東日本にかけて高気圧に覆われてよく晴れ、各地で気温が上昇した。群馬県桐生市では最高気温33・9度、大分県日田市で33・3度を観測。