加藤勝信厚生労働相は16日の参院厚労委員会で、新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査のうち、唾液を検体に使う検査について無症状の人も対象にするよう検討を進める考えを示した。現在は症状が出てから9日以内の人を対象としている。PCR検査を拡充するのが狙い。

 加藤氏は「無症状でも検査をできないか調査している。できるとなれば、広範な利用が可能になる」と語った。具体的な実施のめどには言及しなかった。

 唾液の採取は検査を受ける人に医療機関などで唾液を容器に出してもらうだけで済む。唾液を使う方が医療従事者らの感染リスクは低い。厚労省は公的医療保険の適用対象にした。