東京五輪・パラリンピック組織委員会は16日、国内競技団体協議会を開き、大会時の新型コロナウイルス感染防止策の策定に向け、競技団体が情報提供で協力する方針を確認した。各団体が独自に策定する競技運営のガイドラインを、組織委と共有することなどが想定されている。

 組織委の森喜朗会長は冒頭で「慣例にとらわれず、これまでとは全く異なる安全、安心かつシンプルな大会にすることが、あるべき像だと考えている」と来夏に延期となった大会の簡素化方針を説明。「来年の大会を実現することは組織委の使命であり、聖火は世界中の人にとって希望の光になると信じている」と改めて決意を述べた。