白血病と闘う競泳女子の池江璃花子(19)が所属するルネサンスは16日、新コーチに西崎勇氏が就任したと発表した。西崎氏は2016年リオデジャネイロ五輪代表の持田早智(ルネサンス)を指導した実績があり、新体制で競技復帰を目指す。

 ルネサンスなどによると、西崎氏をヘッドコーチとしたグループ指導体制となり、同じ所属先の複数選手と水中練習や筋力トレーニングをしていくという。

 池江は長期の入院生活から昨年12月に退院。東京五輪は断念して24年パリ五輪で表彰台を目指す考えを明らかにし、3月にはプールでの練習を再開している。