理化学研究所計算科学研究センター(神戸市)は16日、開発中の新スーパーコンピューター「富岳」を報道関係者に公開した。2021年度の本格稼働を目指すが、新型コロナウイルス関連の研究のため既に試験利用を始めている。

 石川県かほく市の富士通ITプロダクツで製造され、10トントラックで72台分にもなる装置は5月13日に搬入を完了。体内での薬剤の動きを再現し、新型コロナの治療薬を探すなどの研究が進む。

 富岳は昨年夏に運用を終えた「京」の後継機で、計算速度は約100倍に向上する見込み。