名古屋市北区のごみ置き場で旧日本軍が使用していたとみられる75ミリ砲弾が見つかっていたことが15日、名古屋市への取材で分かった。愛知県警北署によると、砲弾の信管は抜かれており、爆発の危険はなかった。市が捨てられた経緯などを調べている。

 市などによると10日午前、北区黒川本通のごみ置き場で、不燃ごみの回収に訪れた収集員がごみ袋の中からさびた砲弾を発見した。回収し、約1時間半後に市北環境事業所に運び込んだ後に110番した。駆け付けた北署員らが、信管が抜かれていることを確認した。

 市の担当者は取材に「危険物は不燃ごみに出さないでほしい」と戸惑った様子で話した。