NHKの前田晃伸会長は15日、2013年に長時間労働で過労死した同局記者佐戸未和さん=当時(31)=の両親と面会し、弔意を述べ、働き方改革に取り組んでいる状況を伝えた。関係者が明らかにした。

 前田会長が佐戸さんの遺族に会うのは、1月の会長就任以来初めて。

 関係者によると、前田会長は正籬聡副会長と両親の自宅を訪問した。1月の会長交代を受け、当初は4月に訪れる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響などで延期していたという。