【ニューヨーク共同】週明け15日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前週末比02銭円高ドル安の1ドル=107円30~40銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1246~56ドル、120円73~83銭。

 新型コロナウイルス感染症流行の第2波への懸念を背景に低リスク通貨とされる円に買いが入る一方、企業などが当座の資金として基軸通貨ドルを確保しようとする需要も高まり、もみ合った。