九州大の山崎博史助教(生物多様性研究)らのグループは15日、体に多くのとげを持ち、砂や泥に紛れて暮らす体長1ミリ未満の微小動物「マッドドラゴン」の新種3種を沖縄県・伊江島の海底洞窟で発見したと発表した。日本時間15日公開の英国際学術誌(電子版)に掲載される。

 マッドドラゴンの新種はこれまでに世界で約300種が報告され、うち日本は今回の分以外で21種が報告されている。

 山崎助教らが2015年4月、水深約30メートルの海底洞窟で採集した生物を顕微鏡で調べた結果、体長約0・2~0・3ミリの新種3種が含まれていた。