回転ずし大手のくら寿司は15日、テーブルに備え付けのゲーム「ビッくらポン」のカプセル玩具の容器をプラスチックから紙に変更すると発表した。プラスチックごみによる海洋汚染などが問題となる中、容器の素材を変えることで問題解決につなげる。「天六駅前店」(大阪市北区)と「池袋サンシャイン60通り店」(東京都豊島区)の2店舗に試験導入し、他の店舗にも順次広げることにしている。

 ビッくらポンは、食べた後の皿5枚をテーブルの回収ポケットに入れる度にタッチパネル上でルーレットが始まり、当たりが出たら景品がもらえる仕組み。多い日には約10万個の容器が提供されている。