赤羽一嘉国土交通相は15日の参院決算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた事業者を支援する「Go To キャンペーン」の観光事業分の事務委託費は、約2200億円を上限とすると明らかにした。キャンペーンを統括する経済産業省から連絡があったと説明した。

 観光庁が事務局を担う事業者の公募を近く始める。赤羽氏は「額を聞いて、高過ぎるのではないかという印象を持たれる方もいると思う。選定プロセスの透明性をしっかり確保し、説明責任を果たす」と述べた。立憲民主党の長浜博行氏への答弁。