東京都で15日、新型コロナウイルスの感染者が新たに48人報告されたことが関係者への取材で分かった。14日の47人を上回り、5月25日の緊急事態宣言解除後の最多を2日連続で更新した。約20人がホストクラブなど夜の繁華街関連の集団検査による判明分という。累計は5592人。

 都内の感染者数は5月下旬にかけ減少傾向だったが、緊急事態宣言解除後に再び増加した。都は新規感染者が34人に達した今月2日に「東京アラート」を発令し、11日に解除。12日にはほぼ全ての休業要請を解除した。