男子ゴルフの14日付最新世界ランキングが発表され、松山英樹は22位から23位、今平周吾は41位から42位に後退した。石川遼は97位。3月から凍結されていたランキングは米男子ツアーに合わせて今回から再開された。

 1位ロリー・マキロイ(英国)、2位ジョン・ラーム(スペイン)は変動なしで、ジャスティン・トーマス(米国)がブルックス・ケプカ(米国)と入れ替わって3位となった。(共同)