お笑いコンビ「爆笑問題」(太田光、田中裕二)らの所属事務所が主催する「タイタンライブ」が東京都内で開かれた。同ライブは2カ月に1度開催されるが、4月は新型コロナウイルスの影響で中止に。客席を半分にするなどの対策を行い、4カ月ぶりに再開した。

 「日本エレキテル連合」など15組の後に、大トリで爆笑問題が登場。田中が「東京アラートが解除されて、赤かったレインボーブリッジが元に戻りましたね」と切り出すと、太田は「渡部以外はね。渡部の家だけ燃えるような赤」と、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建の女性スキャンダルを切り捨てた。

 また、田中は事務所のタレントや社員が新型コロナの抗体検査を受けて陰性と確認されたことを報告。すると太田が「田中が賭けマージャン陽性って出たんです」と、黒川弘務前東京高検検事長が辞職した問題に絡めて笑いを誘った。

 漫才後のトークコーナーには、爆笑の2人に加えて講談師の神田伯山、「コント赤信号」の渡辺正行が登場した。2月に真打ちに昇進した伯山は、初めて弟子入り志願者が来たエピソードを明かした。渡辺は一世を風靡したコーラの一気飲み芸を披露し、オールドファンを喜ばせた。