れいわ新選組の山本太郎代表(45)は15日、国会内で記者会見し、任期満了に伴う東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)に党公認で立候補すると表明した。公約の冒頭には、来年夏に延期された東京五輪・パラリンピックの中止を据えた。新型コロナウイルス対策で全都民に10万円を給付する考えも示した。

 知事選には再選を目指す小池百合子都知事(67)が立候補を表明。立憲民主、共産、社民の3野党は元日弁連会長宇都宮健児氏(73)への支援を決めており、野党支持層で票が分散する可能性が強まった。

 一方で「狙うのは選挙に興味がない人たちだ」とし無党派層への働き掛けを強調した。