東京都は15日、都内で今年4月をピークに新型コロナウイルスの感染が拡大した第1波の経験や教訓を踏まえ、第2波への備えや感染症対策の拡充のほか、休業要請などの指標や従来の「東京アラート」に代わる警戒の呼び掛け方法などを検討するワーキングチームの第1回会合を都庁で開いた。

 小池百合子知事が冒頭に「対策を講じながら社会生活を営む新しい段階だ」とあいさつし、検査態勢の充実や積極的な疫学調査で第2波の予兆をつかむ重要性を強調。複数の感染例があるホストクラブなど夜の繁華街での検査や、新規感染者数などの指標の在り方を議論する考えを示した。