【マニラ共同】フィリピンでインターネットに掲載した記事が男性実業家の名誉を毀損したとして、サイバー犯罪法違反の罪に問われた同国の著名ジャーナリスト、マリア・レッサ氏に、マニラの裁判所は15日、有罪判決を言い渡した。CNNフィリピンが報じた。

 記事を掲載したニュースサイト「ラップラー」はレッサ氏がCEOを務め、ドゥテルテ政権に批判的な報道で知られる。人権団体は「立件は批判者を黙らせようとする政権の圧力だ」などと批判していた。

 問題になったのは、ラップラーが2012年に自社サイトに載せた記事。当時の最高裁長官と男性実業家の癒着を問う内容だった。