【ロサンゼルス共同】新型コロナウイルスに感染し、米西部シアトル郊外の病院に約2カ月間入院した男性(70)の元に、約112万ドル(約1億2千万円)の請求書が送られていたことが分かった。大部分は保険でカバーされる見通しだが、男性は「生き延びたことに罪悪感を覚える」と話しているという。地元紙シアトル・タイムズが14日までに伝えた。

 男性は入院していた62日間の大半を意識がない状態で過ごし、一時は看護師が妻や子どもからの別れの言葉を聞かせるため電話を耳に当てるほどの重篤な容体に陥った。その後回復し、自宅で療養を続けている。