サッカーのオーストリア1部リーグで14日、ラピッド・ウィーンの北川航也がホームのウォルフスベルク戦で前半36分に先制点を決めた。J1清水からの移籍後、リーグ戦の初ゴール。後半18分までプレーし、チームは2―1で競り勝った。ザルツブルクの奥川雅也は、3―1で勝ったホームのLASK戦で後半22分から出場した。(共同)