男子テニスの世界ランキング1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が主催する非公式の慈善大会「アドリア・ツアー」の第1戦が14日までの2日間、ベオグラードで行われた。新型コロナウイルスの影響でツアーが中断する中、トップ選手が参加。ロイター通信によると、4千人の観衆が訪れた。コロナ禍がピークを過ぎた欧州でサッカーに続いてテニスの競技が再開した。

 ジョコビッチは「本当に楽しむことができた。全ての選手やファンに感謝したい」と喜んだ。

 1セットが4ゲーム先取の変則方式。4大会が予定されていたが、モンテネグロでの大会は出入国制限のため中止が決まった。(共同)