【北京共同】中国・北京市政府は15日までに、新型コロナウイルス感染症の発症者が13、14両日に計72人増えたと発表した。多くが同市豊台区の食品卸売市場と関連があった。11、12両日にも同市場に関連のある計7人の発症を確認。「非常時に入った」として再流行への警戒を呼び掛けた。

 13、14両日にそれぞれ36人の発症者が確認された。同市政府は記者会見で、発熱で受診した患者全員に対しPCR検査と抗体検査、コンピューター断層撮影装置(CT)や血液による検査を実施すると明らかにした。5月30日以降に同市場を訪れた人はPCR検査を受けるよう訴えた。