【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正党第1副部長は13日、談話を発表し、韓国の脱北者団体による体制批判ビラ散布への報復措置として、北朝鮮・開城の南北共同連絡事務所を「跡形もなく」すると表明した。撤去や破壊の準備に入ったとみられる。さらに次の報復行動の行使権を軍総参謀部に渡すとし、軍事的な措置も警告した。朝鮮中央通信が伝えた。

 北朝鮮は既に緊張緩和に向けた2018年の南北軍事合意の破棄を示唆している。軍部隊による挑発行動に出れば緊張が高まる恐れがある。

 与正氏は、もはや談話発表でなく「連続的な行動により報復する」と宣言した。