将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(17)は13日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第61期王位戦挑戦者決定リーグ白組の最終局で、阿部健治郎七段(31)を破ってリーグ成績5勝0敗で優勝、挑戦者決定戦に進出した。23日の決定戦で、紅組優勝の永瀬拓矢二冠(27)と対戦する。

 藤井七段は棋聖戦の挑戦者決定戦で、永瀬二冠に勝利している。王位戦の決定戦でも勝てば、二つ目のタイトル挑戦となる。王位戦リーグは12人が紅白に分かれて戦い、優勝者同士で挑戦者決定戦を行う。タイトルを持つのは、木村一基王位(46)。