約100年前に世界中で大流行し、日本でも38万人以上の死者が出たとされる「スペイン風邪」に関する役場の文書が千葉県睦沢町で見つかり、町立歴史民俗資料館で公開されている。ワクチン接種の連絡など対応に追われる様子がうかがえ、学芸員は「新型コロナで世界が不安に包まれる中、大正時代の役場の動きを示す資料が見つかり意義深い」としている。

 文書は旧東村役場が発行した3通で、睦沢町内の旧家から寄贈された行政文書など432点の中から、同館の久野一郎学芸員(63)が発見した。1920年1~2月に送られ、12万人以上が亡くなったとされる第2の流行ピークと時期的に合うという。