西村康稔経済再生担当相は13日、ホストクラブを含めた「夜の街」関連の飲食店などの3業種を対象とした新型コロナの感染防止対策の指針がまとまったと発表した。感染に備えて経路を特定しやすくするために、利用客に氏名や連絡先の提出を求め、店側が把握することなどが柱。政府は19日に休業要請の解除を予定しており、営業再開の前提となる。

 ホストクラブやキャバクラといった接待を伴う飲食店に加え、ライブハウス、ナイトクラブの業界団体がそれぞれ指針を策定した。

 指針では、人と人との距離を最低でも1m、できるだけ2mを目安に空けることなどを明記した。