新型コロナウイルス感染拡大による中断が明けたサッカーのスペイン1部リーグで、マジョルカの久保建英は13日(日本時間14日早朝)のバルセロナ戦で約3カ月ぶりの試合に臨む。12日にユーチューブのクラブ公式チャンネルで「再開する試合のことだけを考えて、家でしっかり練習してきた。最初の試合が僕らにとって一番大事」と抱負を語った。

 昨年12月に敵地でバルセロナに2―5で敗れたが、下部組織に在籍した“古巣”との一戦にフル出場し「結果は伴わなかったが、僕にとって大きな自信になった」と手応えをつかんだという。