京成電鉄青砥駅(東京都葛飾区)で停車直前の普通電車(8両編成)が脱線した事故で、京成電鉄は13日午前、運休していた区間の運転を再開した。

 事故は12日午前に発生。7両目の後部の車軸が進行方向の右側へ約20センチ、レールから外れ、台車に複数の亀裂が見つかった。また7両目のパンタグラフが外れ、架線に引っかかった。けが人はいなかった。運輸安全委員会の鉄道事故調査官が原因を調べている。