【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は、米インターネット通販大手アマゾン・コムが運営する「マーケットプレイス」に出品する小売業者の販売情報を収集・使用していることを巡り、EU競争法(日本の独占禁止法に相当)違反の疑いがあるとの暫定見解を示す「異議告知書」を、月内にも同社に送る方針だ。米紙ウォールストリート・ジャーナルが12日までに報じた。

 同紙によると、欧州委はアマゾンがマーケットプレイス出品者の情報を使って、競合する類似商品を販売したと問題視。米当局もアマゾンの商慣行を巡り、独占禁止法(反トラスト法)に関する調査をしている。