総合住宅設備メーカーのコロナ(新潟県三条市)は社名が新型コロナウイルスを連想させることで、心を痛めている社員と家族を勇気づけるため、13日付の新潟日報朝刊にメッセージ広告を掲載した。社員の子どもが読めるようにひらがなとカタカナを使い「わたしたちは、コロナというなまえに、じぶんたちのしごとに、ほこりをもっています」とつづった。

 メッセージは小林一芳社長が発出。「もし、かぞくが、コロナではたらいているということで、キミにつらいことがあったり、なにかいやなおもいをしていたりしたら、ほんとうにごめんなさい。かぞくも、キミも、なんにもわるくないから」と強調した。